Top > note > 卒研 > 2.研究発表

2.研究発表について


発表に望む上での準備物 Edit

  • レジュメ
    • 印刷物として(配布資料)
      • ファイルとして(Word/PDF等)
      • 発表内容をまとめた配布書類
      • 書き方については下記を参照
  • プレゼン資料(パワーポイント等)
  • 台詞
  • 制作作品、システム等の実物
  • 発表に向けた発表練習(10回程度、台詞が覚えれる位)

レジュメの書き方 Edit

  ・ページ数(内容に応じて用意)
  ・卒研、中間発表では1〜2枚程度
     学会発表では、学会にもよるが、2〜8枚が一般的
  ・記載内容
    ・タイトル
    ・研究者名
    ・研究概要
      200〜500字程度
      研究内容、発表内容を具体的に簡潔にまとめるた文章
    ・キーワード
       3〜6項目程度
       研究内容、発表内容を象徴する具体的な用語としての項目
    ・本文
        発表内容について具体的かつ、わかりやすく、まとめた文章
      ・概要/はじめに
      ・発表における目的
      ・様々な分析や問題点についての解説、そして仮説
      ・上記項目に対する実践
      ・実践した結果と結論
      ・まとめ
      ・展望
      ・参考文献

プレゼン資料(パワーポイント等) Edit

  留意点
    セリフを書かない
    単語の記述は可
    図を沢山用いること
    スライドの枚数は発表時間に比例(5分なら5枚程度)
    全てのスライドにタイトルをつける

プレゼンの構成(例) Edit

  必要に応じてページの増減はすること

  1. 表紙(タイトル、所属、名前
  2. Contens :発表の流れ、目次に相当
  3. 研究概要
  4. 発表概要
    • 現状での問題
    • 対象とする問題
  5. 仮説
  6. 実施内容
    • システム構成図
    • システム動作
  7. 実験
  8. 実験結果
  9. まとめ
  10. 展望

発表に向けて Edit

  準備物は必ず用意する
  10回程度は練習してくる

  はっきりと話すこと
  スライドの関連箇所を指し示しながら話す

  自分のつたない発表を聞いていただいている!!という心がけで

紹介 Edit


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified--: 2008-02-02 (土) 10:49:21 (3944d)