Top > note > 卒研 > 1.卒業研究

1.卒業研究について

実施に向けて Edit

  • 問題意識を持つ
  • 具体性、客観性が求められる
    • 具体的かつ客観的な分析力
    • 感想は必要ではあるが、個人的な感想は個人的な意見であって、客観性は無い。参考にはなるかな〜
  • 参考にする資料等は全て記録を取る(〜〜にあるってのはダメ)
    • 研究用ファイル、研究日誌をつくる
      • 文章化の能力を鍛える。いきなり論理的文章は書けない
      • 卒論で使える資料作り。
  • 定期的な発表
    • プレゼンテーション能力を養う。最初から上手なプレゼンはできない
  • コンピュータ上のデータは定期的にバックアップをとる

実施の流れ Edit

  • 興味のある分野について長所/ 短所(現状で持つ問題点)について分析
  • 問題を解消するための方法について考察、仮説、提案
  • 提案に対して実施。
  • 実施した結果について、まとめる。
  • 結果から得られた結論についてまとめる。
  • 実施した内容をまとめる。
  • 文章にまとめる(書類にする:卒論につながる)
  • プレゼンテーション
  • 次のステップへ

卒研のスケジュール Edit

  • 4月末〜5月末 研究テーマ決定
  • 7月 中間発表
  • 10月 中間発表
  • 12月 中間発表/卒論執筆
  • 1月 中間発表/本番向け発表練習/卒論執筆
  • 2月 卒研全体発表/卒論〆切

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ リンク元   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified--: 2008-01-18 (金) 21:42:12 (3957d)